ニッポン再発見の巻【たびえもん通信87号より】

GW十連休、東北と北陸を巡る旅をしていました。

日本国内でも知らない事、未知の土地、沢山ありますよね!

楽しい旅になりました。


仕事柄、気になったのは「海外の旅行者から見て日本は旅しやすいか?」という点です。今回、羽黒山の麓にある宿坊に1泊したところ、食堂の大広間は畳敷きながら和風のテーブルと椅子が並んでいました。

外国の方にもシニアの方にも優しい配慮。

夕食は野菜中心の精進料理でしたが、朝食は和食か洋食を選べたようで、フランス人の宿泊者はパンとコーヒーを楽しまれていました。


看板や標識の多言語表記はかなり進んでいました。古い、渋いお蕎麦屋さんのメニューもしっかり日本語と英語のダブル表記でした。

 

逆に、あまり進んでいないと感じたのはキャッシュレス化です。

支払いは現金のみの店が多く、我々も旅の最後に手持ちの現金が少なくなってくると「足りるかな」と不安になりました(笑)。クレカやスマホ決済に慣れた外国の方は日本貨幣の精度や信用度の高さを痛感する事でしょう!

 

 

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

実践!イギリス親子ホームステイ【その18・ステイ終了、ロンドンへ】

1週間のホームステイを終え、最後は少し観光してから日本に帰る事にしました。

(まあステイ中も観光ばかりしてましたが…!)

 

ストーンヘンジは入口のチケット売り場から遺跡まで少し距離があり、

無料のシャトルバスに乗って行きます。

遺跡周辺に現代的な建物や車があると遺跡の神秘性が下がっちゃいますものね。

その辺の演出は上手いなと思いました。

 

それにしても風は強くて、寒くて…

ストーンヘンジの周囲には、古代人のお墓が点在しているそうです。

頑丈な家もダウンジャケットもない時代にこの寒さをしのいでいたなんて

古代人、尊敬します!

 

 

●親子で行く英語教師宅ホームステイ、

 短期語学留学について詳しくお話するイベントを開催します!

 「親子で気軽に海外プチステイ&留学講座」

 


●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

 

実践!イギリス親子ホームステイ【その17・付添人の英語力は?】

 

英語って、相手は私のつたない英語や発音から頑張って内容を聴き取ってくれますが、

私が相手の話を正確に聴きとらないと会話が成立しないですよね。

 

最初は、他の人の会話が全く聴き取れずに焦りました。

先生が私たちに向けてゆっくり分かりやすい単語を選んで話してくださる時は分かるのだけど、違う言語なんじゃないかと思えるくらい、単語も発音もスピードも…違い過ぎる!

 

ただ、英語圏に滞在する効果は絶大で次第に耳が慣れてきました。

なんやかんやと世間話もするし、そのおかげで会話力もつく。

レッスンのない付き添いでも自分のやり方、心がけ次第では英語力は伸びますよ!

 

●親子で行く英語教師宅ホームステイ、

 短期語学留学について詳しくお話するイベントを開催します!

 「親子で気軽に海外プチステイ&留学講座」

 


●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

6/2(日)9:30〜親子で気軽に海外プチステイ&留学講座

 

今年も練馬区教育委員会委託「子育て学習講座」の一環として、海外での親子短期ホームステイや語学留学を気軽に楽しむノウハウをお伝えする講座を開講いたします!

 

こんなご希望を持つ方におすすめです!

 

●親子でコンドミニアムやホームステイで一か所に滞在しながら、非日常生活を無理のない範囲で楽しみたい。

●子どもは現地の幼稚園やプリスクールに預け、自分はのんびりリフレッシュしたい。

●こどもは預かってもらい、親は語学を学びたい。

●親子で一緒に英語のレッスンを受けて共に学びたい。

 

15年間で2000人以上の海外ステイをご案内してきた、プロの留学カウンセラーを講師にお招きし、人生の可能性が広がる海外プチステイや短期留学を実現させる方法をお伝えします!

 

日時など詳しくは下記アドレスを参照ください。

みなさまのご参加をお待ちしております!

 

●親子で気軽に海外プチステイ&留学講座

https://tabiiku.org/company/event/2019-0602/

 


●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

実践!イギリス親子ホームステイ【その16・ホームステイの目的】

 

 

 

日本にいると、周りの人との会話、テレビ、ネット、街の標識も看板も、商品のラベルも何もかも全部日本語です。そこでどれだけ気張って英語を教えても、きっと子どものアタマには残らない。

もし外国語を学びたかったら、まずは軸となる母国語(日本語)の読み書き、聴き取りがしっかりできて、思考できる事が大切なんじゃないかと考えています。

 

そのうえで、外国語をマスターするには乱暴だけどいきなり日本語の通じない外国に放り出すのも有効だと思います。

「こっちが努力しなきゃ何も通じない」という危機感が先行して、初めて本気出すんじゃないでしょうか?

 

子ども達3人はそれぞれの危機感のもと、本気出して(?)がんばって先生の授業について行っていたようでそれはそれで良し、です。日本に帰ってきたときに「友達と日本語で話せて嬉しい」と長男は言っていました。

 

そう、日本語で意思疎通ができるありがたさに気付けるのも大事だよね!

 

 

●親子で行く英語教師宅ホームステイ、

 短期語学留学について詳しくお話するイベントを開催します!

 「親子で気軽に海外プチステイ&留学講座」

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

実践!イギリス親子ホームステイ【その15・クリスマスのお菓子】

 

 

 

世界のクリスマスケーキについて調べたとき、イギリスの「クリスマスプディング」にはかなり興味を惹かれました。

「本格的なレシピ」になると、クリスマス後に次の年のプディングを仕込み、1年間冷暗所に放置して熟成させるというのですよ!作るのに1年かけるお菓子って初めてです。漬物やお酒じゃあるまいし。

 

その時の衝撃を、当のイギリス人にぶつけてみたところそれは昔の話で、今はもっと簡単に作られた物がスーパーで買えるとの事、そうか、そうですよね。日本のおせち料理も簡単に手軽になっていますから、同じ事ですね。

 

ドライフルーツやナッツがぎっしり詰まり濃厚、ブランデー染みわたる風味で、一切れ食べたら酔っ払います(笑)

お酒が強すぎて子ども達は一口で「もういい…」とフォークを置くし、確かにこりゃ子ども向けじゃないわと思ったので残りは私と夫で総ざらえ、かなり酔いましたとさ。

 

●親子で行く英語教師宅ホームステイ、

 短期語学留学について詳しくお話するイベントを開催します!

 「親子で気軽に海外プチステイ&留学講座」

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

【対談イベントまんがレポ】ワンキャリア 北野唯我氏×キッズライン 経沢香保子氏

 

4月24日は女性起業家サロンの対談イベントでした。

ゲストはワンキャリア執行役員であり、作家でもある北野唯我さん。

 

著作の質の高さ、読みやすさから非常に頭脳明晰な方だと伺い知れますが、お話される際の言葉の選び方もすごく的確で、かつ温かさも感じられました。

詳しくはマンガでどうぞ。

 

 

乗ってくると早口でだだだーっと、とてつもない量のお話をされるので、とてもこの4ページには収まらない情報量でした。きっと、本に記述した内容の何倍も何倍も思考されていて、脳内はパンパンなのだと思います。

 

10連休中は執筆活動ということでしたので、また新著で北野さんの思考の一部を伺い知ることが出来ると思うと楽しみです!

ありがとうございました!

 

キッズライン https://kidsline.me/

#女性起業家サロン #経沢香保子 #北野唯我

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

実践!イギリス親子ホームステイ【その14・日本食・後編】

前編はこちら!

 

日本から持参したあられと日本酒は、一緒に出して振る舞いました。

あられは英語でなんて言ったらいいのか

「ライススナック…ライスパフ?」といくつか思いついた言葉を言ってみたら

「ライスパフの方がしっくりくるね」と先生が言ったのであられは「ライスパフ」です(笑)

 

狙ってそうしたわけではなく、結果的にそうなっただけだけど

今回お土産に選んだ「餅、あられ、日本酒」は原料が全てお米でした。

日本食に占めるお米の存在感ってやっぱり大きいな、

と私も改めて和食の特徴に気づいた次第です。

 

先生一家にはお米の加工食品で日本の正月気分をちょっぴり味わっていただきましたが、

逆に私たちもイギリスの正月料理を体験できたのですよ!

それは次のコラムで紹介します。

 

●親子で行く英語教師宅ホームステイ、

 短期語学留学について詳しくお話するイベントを開催します!

 「親子で気軽に海外プチステイ&留学」

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

ランドセルの行き先の巻【たびえもん通信86号より】

今から10年以上前、アフガニスタンを旅しました。

ほとんど人には話さないけれど、この国で見聞きしたことは私の世界観に深く大きく影響しています。

 

印象に残っているのは、街道沿いでバラの苗木を植えていた1人の老人の姿です。

農具とは到底言えない杖みたいな棒で乾いた地面をほじくり、時間をかけて穴を掘っていました。


首都カブールから南部の都市カンダハルまでの道は、日本でいうと東京から大阪を結ぶレベルの主要幹線です。

でもその道は爆撃で舗装は吹き飛び、

クレーターのような大穴が空き、

橋桁は落ち、車は何度も大きく迂回しながらやっとのことで進んでいました。


爆弾を落とすのも人の仕業ならば、バラを植えるのも人の仕業。

そして、暴力は一瞬で全てを破壊するのに、平和を築くのは少しずつしか進まず、途方もない時間がかかります…。

 

ところで、中学生になった長男のランドセルは、アフガニスタンに送る事にしました。

この鞄が小さな人にとって強力な魔法の杖となりますように。

 

根気強く学び、美しい国を作っていってくれますように。

 

●親子で行く英語教師宅ホームステイ、

 短期語学留学について詳しくお話するイベントを開催します!

 「親子で気軽に海外プチステイ&留学」

 

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

 

実践!イギリス親子ホームステイ【その13・日本食・前編】

 

日本から持参した鏡餅を切って焼いて、ステイ先のご家族にふるまいました。

アメリカに行ったときも感じましたが、お寿司がかなり一般的な食事として普及しているので海苔、醤油などの食材は簡単にスーパーで手に入ります。

 

その一方で、全く広まっていない食べ物もあるんだな、と気づいたのがお餅です。

マスコミの報道で「食べて死ぬこともあるらしい」と極端な事故情報だけが広まり、実際は見た事も食べた事もない謎の食材「MOCHI」…。

 

原料が何か、どうやって作るか、全然ご存じなかったので、あれこれ説明しながらお出ししたら、

「あーこれは…うん、喉に詰まることもあるかもね」

と超納得されていました(笑)。もちろん誰も喉に詰まりませんでしたよ(笑)!

 

先生とお話していると、日本の事よくご存じだな〜と思う時と、あんまりご存じないな〜と思う時とが交互にありました。きっと日本の文化の中でもイギリス人の好みに合うもの、理解しやすいものだけが選ばれて広まっていった結果なのだと思います。

 

これは逆に私たちにも言えることで、ある国の事を知っているつもりでも、実は「分かりやすい物」だけを選んで取り込んでいる可能性があります。

ヤフーニュースのタイムラインを眺めているだけでは、世界の表面をわずかになぞっているだけなんでしょうね。

 

 

●親子で行く英語教師宅ホームステイ、

 短期語学留学について詳しくお話するイベントを開催します!

 「親子で気軽に海外プチステイ&留学」

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/