【まんがレポ】第2回おっぱいサミット

10月27日、東京ウィメンズプラザにて開催の

第2回おっぱいサミット

 

一聴してインパクト大のサミットですが「公共の場での授乳」の是非をめぐってちゃんと話そう、という主旨の集まりなんです。

今回のテーマは「旅するおっぱい」。

授乳中の乳児や幼児を連れての旅行がテーマでした。

 

たびえもんの代表が登壇するということで、私も記録役として同行してまいりました。

受付のお手伝いにも入らせていただきましたが、

参加者のママたちが授乳中とは思えないほどイケてるファッションで素敵でした。

聞けばモーハウスという授乳服専門ブランドがあるのだとか。。

時代は変わるネ。

 

さて、サミットの内容は、マンガレポにてどうぞ〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

登壇者の方のお話や、客席を埋める小さなお子さん連れのパパママ達を見ていると、自分の子どもが幼かったころを思い出してしみじみ〜。ドタバタの日々なんだけど、何物にも代えがたい感動をプレゼントしてくれるんだなあ子どもって…。

 

子連れ旅行をバッシングする人がいると聞いてびっくりしたけど、でもこんなに子育てについて一生懸命考え、関わってくださる大人達もいる、というのはありがたいし心強い! と思いました。

 

当日の登壇者の皆さま

左から

旅行ジャーナリスト 村田 和子

たびえもん代表 木舟 周作

産婦人科医 村上 麻里

玉川大学教授 大豆生田 啓友

 

ありがとうございました!

 

 

●大満足! 子連れ海外旅行の作り方
  11月11日(日)9:30〜11:30
https://tabiiku.org/company/event/2018-1111/

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

 

 

 

 

 

【対談イベントまんがレポ】田中 修治氏×経沢 香保子氏

10月29日、女性起業家サロン主催のイベント、

本日はオンデーズの代表取締役社長 田中 修治氏とキッズライン代表 経沢 香保子氏の対談でした。

 

倒産寸前のオンデーズを再生するまでを書いた小説「破天荒フェニックス」をあっという間に読破して、会場に来るまでの移動中もハイライトシーンを再読しました。

いやあ…何度読んでもわくわくする。

 

その熱きトークイベントの内容は、まんがをどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

小説がスピード感のある文章なので、そのイメージで短期間で仕上げられた作品かと思いきや、練りに練った戦略、多くのスタッフが読んで万人受けするように完璧に調整されたデザインだったことが分かり、もう、、すごい! の一言でした。

 

私も読み終わった後はオンデーズのファンになりましたもの(笑)。もう、戦略通りですよね。

でも、ファンになるって悪い気持ちじゃない。

日常生活にワクワクする要素がひとつ出来たという事なので、ほんとに素晴らしい。

ビジネスってワクワクをどんだけ生み出すかなんだな…。

 

貴重なお話をありがとうございました!!

 

 

●大満足! 子連れ海外旅行の作り方
  11月11日(日)9:30〜11:30
https://tabiiku.org/company/event/2018-1111/

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

 

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

 

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

 

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

 

 

 

 

なぜ海外旅行に行くの?【たびえもん通信80号より】

今月の11日にココネリで海外子連れ旅行講座を開きます。話し手は私なので、そもそも何で子連れ海外旅行をすすめたいのか? 原点を深堀りしてみました。

 

「よその子と比べなくていい、それぞれ個性があるから」口ではみなそう言うのですが、実際子育てしていると平均の成長過程から外れている点を指摘される事がよくありました。遅いとか少ないとか。何歳から○○を始めるべきとか。

 

そんな育児にまつわる大量情報が、海外に行くとスーッと無くなりみんなひたすら親切で優しく、重箱の隅をつつくような指摘はゼロ(言葉が良く分からない事が功奏!)。

日本人が日本で暮らす事の便利さや安心さは確かにあって、でもそれと同時に強い同調圧力の鎖もあって。子連れで海外に出かける不安定さと引き換えに、その鎖がブチブチ千切られた感じがしました。

 

家事も仕事もしない数日間、親子ともども誰とも比べず気兼ねなく、集中して遊びまくる。そんなお気楽な充電期間が1年に数日あってもいいと思ったんですよね。

みんな知らず知らずのうちにがんばりすぎちゃうから、意図的にオフや充電期間を入れましょ!

 

●保育ルームあり! 大満足! 子連れ海外旅行の作り方

https://tabiiku.org/company/event/2018-1111/

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

11/11 子連れ旅行講座 練馬で開催します!

今でこそ、子ども3人を連れて海外旅行に出かける事は我が家の定例行事のようになってきましたが、「当たり前」になるまではちょいちょいハードルを乗り越えてきました。

 

 

しんどい思いして連れて行って何になるんですか?
大した事も出来ない子どもと行って楽しいですか?
色々なご意見も頂戴します。

 


うんうん、私も最初はそう思っていました。

医療水準や言葉の問題、気候や水の違いを思えば
小さい子どもを飛行機に乗せ、遠く離れた土地に連れて行くのリスクが大きいのではないか。
旅だから、毎日移動し体力や気力が続かないのではないか。

 

 

そんな不安や心配をどうやって解決してきたか。
リスクをとっても旅をするメリットって何?
どうすれば、親子とも満足できる旅になるの?
その辺りを、きちんとお話しします!

 

 

2018年11月11日(日)9:30〜11:30
子連れ旅行講座@練馬区教育委員会委託
大満足! 子連れ海外旅行の作り方
講師:後藤 雅代
https://tabiiku.org/company/event/2018-1111/

ねりま区報にも掲載されています。
https://www.city.nerima.tokyo.jp/kusei/koho/kuho/index.html

 

 

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

 

自分の偏見に気づく時の巻【たびえもん通信79号より】

インドを旅していた時の事。

 

ドイツ人の上品な老婦人と知り合いになり、食事などをご一緒しました。打ち解けたころ「いやだわ、パスポートを無くしてしまったみたい…お金もギリギリなの。申し訳ないけど、デリーのドイツ大使館までの列車代だけ貸してくれないかしら?」とおずおず切り出され、その場で500ルピーを渡した私。別れた後、こりゃ詐欺だったと気づきました。大麻にはまり、国に帰れず、インドでも鼻つまみ者のジャンキー外人…。たまにいます。

 

インドって騙す奴より騙される方がマヌケ、という価値観なのでめちゃ用心してたのですが!

 

・白人はインド人より信用できる

・男性より女性の方が悪意がない

・年配者は若い人よりお金があって情緒も安定している

・高齢者には敬意を払い、言う事を聞くべき

 

…こんな私の思い込みにまんまと漬け込まれました。

 

 

後味の悪い出来事ほど教訓があるもの。

相手の属性にとらわれずに本質を見抜く難しさを思い知りました。

 

 

ありがとおばーちゃん。

人生を渡る上で超重要な事を教えてくれたと思えば500ルピーは安い授業料。

 

今もインドの雑踏の中、若い子を見つけてはたかってるのかな…。

 

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

何かを習慣にするとの巻【たびえもん通信76号より】

昨年の夏くらいから、散歩→ジョギングと少しずつ運動を続けていたのですが、

他にやりたい事が出来たので1か月ほど休止しました。


するとある日突然腰が痛くなり、びっくり仰天!!!

何?  冷えたせいかな? と腹巻やらカイロを出してきて温めたらましになったのですが、どうやらジョギングをぱったり止めたのがまずかったらしい…。


走るのは体力維持が目的でしたが、一日一回、酸素や血液をしっかり循環させて体を温める事が、冷え性体質改善にも役立っていたようなのです。何となく続いていた習慣が、実はなくてはならない要素になっていた事に気づいて慌てて再開させました。この時期は日焼けが気になるけど、腰が痛くなるよりはマシです。そして朝の空気のさわやかな事!

 

習慣ってほとんど無意識だし、効果もわずかで良く分からない。でも確実に影響しているようです。少しでも理想に近づきたいと思ってはじめた事、ぜひ続けてください!  

思いもよらない部分で自分を助けている事もあるようですから。

 

 

 

【マンガレポ】6月26日女性起業家サロンデザイン部イベント

こんにちは!

 

梅雨に入り、気温低下したにもかかわらず薄着でふらふらしていたら

起き上がるのもツラいほどの腰痛に見舞われ、びっくりぎょうてん。

 

休止中だったジョギングを急遽復活させ、朝一番に走って体を温める。

腹巻き&カイロで1日中温める。

 

上記2点の「温め」作戦により数日で緩和しましたが…焦ったぜ。

 

今日は、「女性起業家サロン」の中にある「デザイン部」主催のイベントを開きまして、

そのレポとなります。今回は、主催者側として参加しました。

 

 

 

 

 

「オンライン参加」の方とどうやって場の雰囲気とか共有していけばいいのかな…と、最初なので分からないことだらけで至らない点もあったかと思いますが、ご容赦ください。

 

ひと昔前は写真、イラストや文字の加工はフォトショップやイラストレーターにしか出来ないワザでしたが、SNSの普及に伴い簡単便利な加工アプリが沢山あって、それらを組み合わせるとかなり自由度が広がるそうです。

 

今回は私、あえてスマホのみ持ってワークショップに参加しました。(イラレとフォトショの入った自前のPCを持っていくと、どうしてもそっちを使いたくなっちゃうので)

 

スマホ1台で作ったトップ画像が以下です。

微妙な色使いも可能!

フリー素材集のクオリティも高いわー。

 

丁寧なレクチャーをしてくれたデザイン部リーダー黒岩さん。

 

ご参加いただきました皆様、およびスタッフの方々、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

【対談イベントまんがレポ】新R25編集長渡辺将基氏×キッズライン代表経沢香保子氏

こんにちは!

梅雨入り、したんですかね。

今日は肌寒く、久しぶりに長袖に手を通しました。

 

さて、先日(6/13)行われた「起業で社会を変える」実践的・女性起業家サロン主催の

新R25編集長渡辺将基氏とキッズライン代表経沢香保子氏の対談イベントに行ってきました。

 

前回同様、熱く濃い1時間でありました…。

詳細はマンガでどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの方がうっすら感じている素朴な疑問を言語化し、

著名人に直球でぶつけるインタビューはもはや新R25の名物記事。

 

ちょっとハラハラしながら(笑)、

でもハッと気づかされることも多い内容で、
毎回楽しみにしています。

 

気負いなく、普通っぽい演出をされていらっしゃいますが、
実際は高度で緻密なバランス感覚のもとに繰り出された質問だったのだなあ…と、
渡辺さんの非凡さを思い知った次第です。

 

人懐っこい表情とクールな思考、

その意外性も相手の心を開かせる武器なのかな〜。


今回も素晴らしいお話を聴かせていただきましたお二人、

およびスタッフの皆様方、ありがとうございました!!

マンガレポ! 6/10(日)子連れ海外旅行講座

こんにちは!

今日は久しぶり、弊社のイベントのレポとなります。

 

6/10(日)小さな子どもと一緒に行く 自由な海外旅行の作り方

 

ご参加いただきました皆さま、

ならびにイベントの開催にご協力いただきましたスタッフの皆さま、

ありがとうございました。

 

イベントの様子をマンガにてまとめました。

どうぞ、当日の雰囲気をつかんでください!

 

 

せっかくなのでちょいと写真も…

 

集中して聴講していただきました。

 

講座後半のワークショップも活発に意見が出ました!

 

次回は12月を予定しております。

旅行が好きなパパ、ママ、ぜひご参加くださいね。

 

実践!イギリス親子ホームステイ【その4・街歩き編】

 

 

実践!イギリス親子ホームステイ【その1・準備編】

実践!イギリス親子ホームステイ【その2・上陸編】

実践!イギリス親子ホームステイ【その3・到着編】

実践!イギリス親子ホームステイ【その4・街歩き編】←今ここ!

実践!イギリス親子ホームステイ【その5・英語レッスン編】

実践!イギリス親子ホームステイ【その6・折り紙編】←次回予告

 

ようやくホームステイ先にやって来て、次の日はまだレッスン無し。
右も左も分からないエクセターの街を案内していただく事になりました。

 

 

イギリスの地方都市ってどんなだと思います?
私、壁の落書きだらけ、ゴミだらけの街を少しだけ想像していました。
実際は…シンガポール並みにピカピカでした。

 

 

ローマ時代の城壁や、12世紀から建造が始まったという大聖堂、
古い物と新しい物が無理なく混ざったコンパクトな街で、ぐるりと一回り巡っただけですっかりお気に入り(笑)

 

 

後で知ったのですがエクセターは「イギリス・住みたい街ランキング」で毎年上位だそうです。
南部にあって気候が穏やか、治安が良い、自然が豊か、暮らしに必要な物はちゃんと揃う、という理由。
大学があり、アジア系の人も沢山見かけました。1週間と言わず2年くらい住みたいなあ。

 

 

あと、日本でかねがね噂は聞いていましたけどモノを大切にする気持ちは強いです。
結構衝撃だったのは「ローマ時代の城壁」です。
建造当時は役割を果たしていたでしょうが、現在はこの城塞がある事で回り道となり、都市計画は効率重視で進められない。

 

 

(そういえば、ローマの市街にも街を分断するかのごとくどす黒い壁があり、
これ何?と地図を確認したら「ローマ時代の壁」だった事が…)

 

 

ステイ先では、新婚当時にそろえた食器が毎日テーブルに並び、お子さんの小さい頃のおもちゃも大事にとってありました。

最初から良いモノを作って、そして簡単に捨てないですよね。
とりわけ、自分たちの思想、歴史、文化の拠り所となるモノは大切にされています。
(それがたとえボロボロの壁であっても)

 

 

そこはね、日本よりずっと徹底していると感じました。
他を真似たりパクって作った街じゃないから、
観光地になるような特別な要素がなくても、街にプライドがある。

 

 

その静かな自信が、多くの人を惹きつけるのではないでしょうか。