実践!イギリス親子ホームステイ【その18・ステイ終了、ロンドンへ】

1週間のホームステイを終え、最後は少し観光してから日本に帰る事にしました。

(まあステイ中も観光ばかりしてましたが…!)

 

ストーンヘンジは入口のチケット売り場から遺跡まで少し距離があり、

無料のシャトルバスに乗って行きます。

遺跡周辺に現代的な建物や車があると遺跡の神秘性が下がっちゃいますものね。

その辺の演出は上手いなと思いました。

 

それにしても風は強くて、寒くて…

ストーンヘンジの周囲には、古代人のお墓が点在しているそうです。

頑丈な家もダウンジャケットもない時代にこの寒さをしのいでいたなんて

古代人、尊敬します!

 

 

●親子で行く英語教師宅ホームステイ、

 短期語学留学について詳しくお話するイベントを開催します!

 「親子で気軽に海外プチステイ&留学講座」

 


●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

 

実践!イギリス親子ホームステイ【その17・付添人の英語力は?】

 

英語って、相手は私のつたない英語や発音から頑張って内容を聴き取ってくれますが、

私が相手の話を正確に聴きとらないと会話が成立しないですよね。

 

最初は、他の人の会話が全く聴き取れずに焦りました。

先生が私たちに向けてゆっくり分かりやすい単語を選んで話してくださる時は分かるのだけど、違う言語なんじゃないかと思えるくらい、単語も発音もスピードも…違い過ぎる!

 

ただ、英語圏に滞在する効果は絶大で次第に耳が慣れてきました。

なんやかんやと世間話もするし、そのおかげで会話力もつく。

レッスンのない付き添いでも自分のやり方、心がけ次第では英語力は伸びますよ!

 

●親子で行く英語教師宅ホームステイ、

 短期語学留学について詳しくお話するイベントを開催します!

 「親子で気軽に海外プチステイ&留学講座」

 


●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

実践!イギリス親子ホームステイ【その16・ホームステイの目的】

 

 

 

日本にいると、周りの人との会話、テレビ、ネット、街の標識も看板も、商品のラベルも何もかも全部日本語です。そこでどれだけ気張って英語を教えても、きっと子どものアタマには残らない。

もし外国語を学びたかったら、まずは軸となる母国語(日本語)の読み書き、聴き取りがしっかりできて、思考できる事が大切なんじゃないかと考えています。

 

そのうえで、外国語をマスターするには乱暴だけどいきなり日本語の通じない外国に放り出すのも有効だと思います。

「こっちが努力しなきゃ何も通じない」という危機感が先行して、初めて本気出すんじゃないでしょうか?

 

子ども達3人はそれぞれの危機感のもと、本気出して(?)がんばって先生の授業について行っていたようでそれはそれで良し、です。日本に帰ってきたときに「友達と日本語で話せて嬉しい」と長男は言っていました。

 

そう、日本語で意思疎通ができるありがたさに気付けるのも大事だよね!

 

 

●親子で行く英語教師宅ホームステイ、

 短期語学留学について詳しくお話するイベントを開催します!

 「親子で気軽に海外プチステイ&留学講座」

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

実践!イギリス親子ホームステイ【その15・クリスマスのお菓子】

 

 

 

世界のクリスマスケーキについて調べたとき、イギリスの「クリスマスプディング」にはかなり興味を惹かれました。

「本格的なレシピ」になると、クリスマス後に次の年のプディングを仕込み、1年間冷暗所に放置して熟成させるというのですよ!作るのに1年かけるお菓子って初めてです。漬物やお酒じゃあるまいし。

 

その時の衝撃を、当のイギリス人にぶつけてみたところそれは昔の話で、今はもっと簡単に作られた物がスーパーで買えるとの事、そうか、そうですよね。日本のおせち料理も簡単に手軽になっていますから、同じ事ですね。

 

ドライフルーツやナッツがぎっしり詰まり濃厚、ブランデー染みわたる風味で、一切れ食べたら酔っ払います(笑)

お酒が強すぎて子ども達は一口で「もういい…」とフォークを置くし、確かにこりゃ子ども向けじゃないわと思ったので残りは私と夫で総ざらえ、かなり酔いましたとさ。

 

●親子で行く英語教師宅ホームステイ、

 短期語学留学について詳しくお話するイベントを開催します!

 「親子で気軽に海外プチステイ&留学講座」

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

実践!イギリス親子ホームステイ【その14・日本食・後編】

前編はこちら!

 

日本から持参したあられと日本酒は、一緒に出して振る舞いました。

あられは英語でなんて言ったらいいのか

「ライススナック…ライスパフ?」といくつか思いついた言葉を言ってみたら

「ライスパフの方がしっくりくるね」と先生が言ったのであられは「ライスパフ」です(笑)

 

狙ってそうしたわけではなく、結果的にそうなっただけだけど

今回お土産に選んだ「餅、あられ、日本酒」は原料が全てお米でした。

日本食に占めるお米の存在感ってやっぱり大きいな、

と私も改めて和食の特徴に気づいた次第です。

 

先生一家にはお米の加工食品で日本の正月気分をちょっぴり味わっていただきましたが、

逆に私たちもイギリスの正月料理を体験できたのですよ!

それは次のコラムで紹介します。

 

●親子で行く英語教師宅ホームステイ、

 短期語学留学について詳しくお話するイベントを開催します!

 「親子で気軽に海外プチステイ&留学」

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

実践!イギリス親子ホームステイ【その13・日本食・前編】

 

日本から持参した鏡餅を切って焼いて、ステイ先のご家族にふるまいました。

アメリカに行ったときも感じましたが、お寿司がかなり一般的な食事として普及しているので海苔、醤油などの食材は簡単にスーパーで手に入ります。

 

その一方で、全く広まっていない食べ物もあるんだな、と気づいたのがお餅です。

マスコミの報道で「食べて死ぬこともあるらしい」と極端な事故情報だけが広まり、実際は見た事も食べた事もない謎の食材「MOCHI」…。

 

原料が何か、どうやって作るか、全然ご存じなかったので、あれこれ説明しながらお出ししたら、

「あーこれは…うん、喉に詰まることもあるかもね」

と超納得されていました(笑)。もちろん誰も喉に詰まりませんでしたよ(笑)!

 

先生とお話していると、日本の事よくご存じだな〜と思う時と、あんまりご存じないな〜と思う時とが交互にありました。きっと日本の文化の中でもイギリス人の好みに合うもの、理解しやすいものだけが選ばれて広まっていった結果なのだと思います。

 

これは逆に私たちにも言えることで、ある国の事を知っているつもりでも、実は「分かりやすい物」だけを選んで取り込んでいる可能性があります。

ヤフーニュースのタイムラインを眺めているだけでは、世界の表面をわずかになぞっているだけなんでしょうね。

 

 

●親子で行く英語教師宅ホームステイ、

 短期語学留学について詳しくお話するイベントを開催します!

 「親子で気軽に海外プチステイ&留学」

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

実践!イギリス親子ホームステイ【その12・お土産編】

毎年沢山の国から語学を学びたい人を受け入れている先生。

自然とそれぞれのお国柄や文化についての知識も幅広くなるようで

「なんでそんなに日本に詳しいの!?」

とドッキリさせられる事もしばしば。

 

お土産として日本食、そして瓶にかぶせて飾る着物型のボトルカバーを

差し上げたのですが、その時の反応も「あ〜なるほど。知ってる知ってる」

といった風で、大きくは驚かれませんでした。

 

 

こんな感じだから、着物の前後は当然ご存じかと

思いきやそうでもなかったようで…。

それより、外国の人からみて着物の前後が

分からないという事が私にとって新鮮でした。

 

花魁の着物は前で帯を結びますし、

時代劇やネットに流れている「KIMONO」の

映像を断片的に見ているだけではよく分からないかも

知れませんね。

 

こんな風に、生活のちょっとした事で

お互いの文化に気づいていけるのが、

ホームステイの良いところです!

 

 

●親子で行く英語教師宅ホームステイ、

 短期語学留学について詳しくお話するイベントを開催します!

 「親子で気軽に海外プチステイ&留学」

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

 

 

 

 

 

実践!イギリス親子ホームステイ【その11・食事編】

ホームステイに行く前、イギリスの家庭料理ってどんなものなのか、

ジャガイモとパンがあって、あと何…? スープ? 肉?

味付けは何だろう? 塩コショウだけかな? と正直あまりイメージがわきませんでした。

イギリス料理=美味しくないという文脈で語られる事が多いですしね…。

 

「だいたいみんなから食事については警戒されるからね」

と先生は自虐しつつ毎回美味しい食事を出してくださりました。

 

健康志向の強いご一家で、身体によいと聞けば色々試されているようです。

パンは全く食べないとか、それごはんを食べない日本人と一緒だなあ。

時代が進むと食事も伝統から離れていくのはどこの国の人も同じかも知れません。

 

もちろん、オーブンでじっくり焼いたほくほくのジャガイモとか、

「らしい」ものもありましたよ!

 

●親子で行く英語教師宅ホームステイ、

 短期語学留学について詳しくお話するイベントを開催します!

 「親子で気軽に海外プチステイ&留学」

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

実践!イギリス親子ホームステイ【その10・暖房編】

 

他人様の家にお邪魔すると、部屋の間取りや家具って気になりませんか?

私が先生の家で一番惹かれたのは、リビングに鎮座するえんじ色の巨大なオーブン!

 

先生もご自慢らしく、あれやこれや話してくれました。

家じゅうの暖房を一手にまかなっているといるのには驚きましたけど、確かにどの部屋にもエアコンやストーブの類が無いのでスッキリしています。(エアコンは便利だけど、あの無機質なデザインは部屋の雰囲気を損ないますよね…)

 

すでに成人されている息子さん達も自室にこもらず、オーブンの前でくつろいでいらっしゃるのが印象的でした。単に暖を取るだけでなく、人が何となく集う心理的効果があるみたいです。日本だと、こたつがその役割を果たしているでしょうか。

 

イギリスでもさほど一般的なものではなく、伝統的なものを好む人向けの商品らしいのですが、料理はもちろん、洗濯物も乾かせる。クラシックな外観に似合わない多機能ぶりにすっかり魅了されました。

 

そして帰国後こっそり調べてみると、車が買えそうな勢いのお値段にまたまたびっくりしたのでありました…!!

 

 

●親子で行く英語教師宅ホームステイ、

 短期語学留学について詳しくお話するイベントを開催します!

 「親子で気軽に海外プチステイ&留学」

 

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

 

 

実践!イギリス親子ホームステイ【その9・国立公園編】

 

英語教師宅ホームステイは午前中がレッスン、午後がフリータイムです。相変わらずお天気は不安定でしたが気分転換にダートムーア国立公園までドライブしました。

 

苔と沼と岩がひたすら続く荒野。標高はさほど高くないのに木が自生しないのが不思議。ちょっと想像つかない。シャーロックホームズやアガサクリスティーの小説にも登場するというのですから、イギリスならではの自然環境なのでしょう。

レンタカーに搭載された優秀ナビ(?)は途中信じられない田舎道も案内してくれつつ、たどり着きました。短い草や苔にみっしり覆われたなだらかな丘に巨岩が点在し、可愛さといかつさが同居している。自分が小人になって、日本庭園の中に迷い込んだような感じでした。

 

ただ雨と風が強かったので長くは滞在できず、その後は園内にあるパブで暖をとり、帰宅。

先生は「冬に行くところじゃないよー」と、夏のダートムーアの素晴らしさを語り、

「次来るときは夏おいで!」と力説されてました。

イギリスの英語教師宅ホームステイ、夏は沢山の国から生徒さんが集まり、大繁盛だそうです。

 

●親子で行く英語教師宅ホームステイ、

 短期語学留学について詳しくお話するイベントを開催します!

 「親子で気軽に海外プチステイ&留学」

 

 

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/