新宿シティハーフマラソンに参加!

  • 2017.01.30 Monday
  • 07:12

おはようございます!

昨日、新宿シティハーフマラソンに参加してきました。

 

家族全員が参加できそうなマラソン大会を探したら、こちらにたどり着きました。

 

夫と長女はペアで2km走る「ファミリーラン」、

長男は一人で走る「2km」に参加。

 

私と次女は「ひよこ」に参加しました。

ひよこは、親子1組で神宮球場のグランドの中を42.195m走るという余興のようなもので、マラソンというにはあまりにも物足りないものでしたが、プロが試合をするグランドに立ち入れたのは嬉しかったです。

人工芝って近くでみるととってもキレイですね〜。

 

「ひよこ」コースの真ん中につば九郎が立ってて、怖がってUターンする幼児さんもいましたよ。

来年は私も親子で2キロ走るコースにチャレンジしたいです!

 

JUGEMテーマ:旅カフェオーナー店長のつぶやき

最近の読書

  • 2017.01.19 Thursday
  • 07:03

おはようございます。

今日は、店とは関係ない小話を…

最近の読書記録です。

 

昨年末、最後に読んだ本。

 

夜と霧 ヴィクトール・E・フランクル著

強制収容所で行われた凄惨極まる虐殺の描写に吐き気さえ覚え、

「この本、知らなかったことにしよう」と何度も閉じては開き、読んでは閉じて、なかなか読了できませんでしたが、「年内には読もう」と決意して暮れに集中して読みました。

 

著書は、極限の環境で信仰、仕事への情熱、家族への想いを支えに品性を保ち続け、かつ生存した稀有の人です。

この方は生き残れたから、書けるのです。気持ちを表現できるのです。

でもね、亡くなった方の魂はどうやって慰めればよいのでしょう。

人間の尊厳って何だろう。

 

重たい問いが心に深く刻まれる名著。

 

 

…ダウンした気持ちを上げようと

今年最初に手に取ったのはこちら。

 

自分の中に毒を持て 岡本太郎著

表紙にガン飛ばされて、すでに怖い。

活字を目で追った瞬間、眼球が焼けそうなほど熱い言葉が並んでいます。

 

”「今はまだ駄目だけれど、いずれ」と絶対に言わないこと”

ぎくっ! その通り!

 

”矛盾は結構だ”

えっ! いいの? 気がラクになりました。

 

”才能なんてないほうがいい。才能なんて勝手にしやがれだ。才能のある者だけがこの世で偉いんじゃない。”

勝手にしやがっていいんですね、才能は!

 

”成功は失敗のもと”

禍福は糾える縄の如しと言いますからね…。

 

まだ読んでる途中なんですけど、心の回転数は一気に上がってきました。

今年も頑張ろー。

 

 

明日から営業です。

  • 2017.01.09 Monday
  • 23:13

今日は祝日でまだたびえもんはお休みです。

 

所用あり、朝から子どもが通う小学校に出向きました。

校舎と体育館をつなぐ渡り廊下の屋根が、明るい空色になっていてアレッ?

 

どうやら冬休みの間に塗り替えられた様子。

私たちが遊んでいる間も、誰かが仕事をしてくれている。

そのお陰で私たちも遊べるんです。

 

そんな世界のからくりを、再認識させられる空色でした。

私も明日から仕事しまーす。

 

 

 

 

 

 

 

大急ぎで年越し準備中

  • 2016.12.29 Thursday
  • 23:53

さてさておかげさまで、年内営業も終了しました。

 

今日からお休みを頂戴しております。

軽く店の後片付けを済ませてから、

モーレツな勢いで自宅の年越し準備をしました。

 

靴を7足洗いました。

風呂場を大掃除しました。

洗濯機は4回くらい回ったと思います。

 

さすがに疲れてチャイを淹れました。

自宅でもチャイは飲みますよ〜。疲れた時にゆっくり飲むと落ち着きます。

 

さあ、あともうひと踏ん張りでお正月!

 

 

 

 

 

夏休みは福井の海へ!

  • 2016.08.16 Tuesday
  • 06:34

おはようございます!

夏休みは福井県に繰り出しました。

 

 

日本海の水は透明!

海に向かう車内で「ウメボシイソギンチャク」とそうでないイソギンチャクの見分け方を、図鑑で予習した長女に力説されましたw。ウメボシ〜はいなかったけど、他のイソギンチャクや貝や魚がたくさんいました。

 

宿泊先は三角屋根がかわいいバンガロー。

全員がこの中で寝ると窮屈なので、私と次女は屋外でテント泊。

テントエリアからお手洗いに向かう、ゆるい坂の真下にテントを設営したら、夜中にトイレに行った人がかなりの確率で坂で転ぶw。「うおっー」ズザザーッ! とテントのすぐそばで聞こえるので、いつか誰かがテントに突っ込んでくるのでは…? とドキドキしました!

 

二日目は、「福井のハワイ」こと水島に上陸!

小さな砂州に、夏の間だけ海水浴客を満載した定期船が出ます。

 

ほんの少し陸地から離れただけで、出会える海の生き物がぐんと増えます。

岩に生えた水草を無心に食べる魚の群れ、影に潜むヒトデやウニ、のんきな水クラゲ、猛スピードで駆け抜けるフグ。砂色になじむカニ&エビ。豊かだあ〜。

 

【ルームスタンプ】お部屋の模様替えにいかがでしょう?

  • 2016.08.03 Wednesday
  • 06:50

おはようございます!

昨晩の雨で今朝は涼しいです。

 

さて今日は、ちょっと自分の店とは関係ないお話を…。

 

たびえもんのご近所の店「halnobi」。

店主がフィンランドやエストニア、ドイツまで足を運んで買い付けてきたビンテージ家具や雑貨を扱うインテリアショップです。

 

これまで良い物を沢山見て来られた中で「こんなインテリア雑貨があればいいな」と自社開発&制作された「ルームスタンプ」という新商品があります。

 

一言で言うと、パネル状の壁飾りです。北欧のすっきり簡潔なデザインを連想させるシンプルなデザインで、豊富な色や柄のデザインの中から、好みの組み合わせを選んでセミオーダーできます。

 

私自身は常々、子ども達が学校に持っていく物を自分で確認できるアイテムを探していまして、このルームスタンプが使えそうと感じたので、デザインを自作して制作をお願いしました。

 

その出来上がりがこれ!

うちの子ども達がしょっちゅう忘れる持ち物をモチーフにしました。

玄関に貼って、登校前にこれでチェックさせます。

 

無機質なスチールドアにペタン。

練りゴムのような特殊な粘着テープがついていて、簡単に取り付けられます。

夏休み中なのでまだ効果はわかりませんが、「かわいー!かわいー!」と子ども達の反応は上々。

 

こちらのデザイン、halnobi店主さんにも気に入っていただけまして、「このデザイン買い取らせてください。改良して定番商品にします」

と思いがけない申し出をいただきました!

 

先程も書いたようにセミオーダー型の商品ですので、それぞれの学校指定の帽子や体操着の色に合わせてモチーフの色を変えられます。

子ども達の工作と合わせて楽しい玄関!

一点一点手作りの商品なのに、お値段もリーズナブルでおすすめです。

 

ちなみにこの「忘れ物チェックシリーズ」は大人向けのデザインもすでにあります。

持ち物チェックに加えてエアコンの消し忘れなども確認できる優れものですので、大人の方もぜひどうぞ!

PTA役員打ち上げ!

  • 2016.04.11 Monday
  • 06:06
先週末は、PTA役員終了、お疲れさま!の打ち上げでした。

「平日フルタイムで働いてたら絶対役員の仕事なんてできないよ!」
と各方面の方々より忠告を受けて始めた1年前。
実際どうだったか? うん、難しかったです(笑)。
PTAは学校と連動していますので、学校が稼働している時間が活動時間。
保護者の活動だから、もっと日曜日や夜に業務あるかと思ったら、なかったです。

ただ、引っ越してきた所で地縁が薄く、親子ともども顔と名前を売りたい、というのが私の目的だったのでそれは達成できました。あと、地域に関する情報が色々入ってきました。
ボランティアが基本の地域活動で、専業主婦の人がどれだけ貢献しているかという事もよく分かりました。

私の祖父も、国鉄を定年退職した後、地元の老友会(たしかそんな名前)のメンバーになって
集落の自治に関する雑多な活動をこなしていた事を思い出しました。
お金にならなくても、そういう活動に参加して人との繋がりを持っておくのは、大事だな…。

こちらのお店は、同じく役員をされていた方のお店。
じどりや備長亭
うちの店からほど近い焼き鳥屋さん。
こういう風に、自然にご近所に知り合いのお店ができるのも良かったです。

手作りの料理が次々出てきて美味しかった〜。


 

こどもの森で泥だらけ!

  • 2015.09.15 Tuesday
  • 06:38
おはようございます!

先週末は、練馬区民の間でもっぱら話題の(?)こどもの森に行ってきました。
森、というよりは子どもが泥んこになって遊びほうけられる秘密基地のような場所です。
芝生も花壇も無くて、あるのは土。草。木。
遊び道具はスコップ、リヤカー、とんかち、ベーゴマ、などなど。

子ども3人を放つと、最初はブランコとかよくある遊具(といっても縄と丸太製)で
おずおず遊びはじめ、徐々に激しい遊びにシフトしていきます。

木の上からターザンロープに飛び移ろうとしたり。

いつの間にか裸足になってすたこら歩き回り、とどめは今年最後というウォータースライダー。
プールにあるようなちゃんとしたのじゃないですよ。角材とベニヤ製の泥水スライダー。
着衣のまま、狂喜して滑りこむ長男。

大人も、水しぶき浴びるわぬかるみで滑るわで段々汚れてきて
げらげら笑いながら巻き込まれていきます。

どこかのお父さん、カエルをつかまえて「ほれほれ〜」と
泣いて逃げる息子をしつこく追い掛け回してる。

お稽古帰りの女の子が携帯で
「ママ? 今こどもの森の入口にいるんだけど、あの、あの〜、
ちょっとだけ遊んで帰ってもいい?」とヒソヒソお伺いをたてている。
「○○ちゃん! いいって! 遊んでもいいって!」
友達と合流するその声のデカいこと。

保育園や学童保育の施設に「子どもがうるさい」というクレームが度々くるそうです。
お祭りのようなイベントの前には、責任者が近隣の家に頭を下げに回るという現実。

子どもがいるとあまり気づかないけれど、
日本社会の中で子どもは確実にマイノリティになり、追いやられています。
そんな国の住宅地にポコッとあらわれたこどもの森。

長く続いて欲しいなーと思います。







 

夏休みでした。

  • 2015.08.19 Wednesday
  • 06:24
おはようございます!

13日(木)から17日(月)までお休みを頂戴して、京都に行っていました。
帰省には自動車を使う事が多いです。
最近は新東名、伊勢湾岸自動車道、新名神、と高速道路が増え、
大きな渋滞に巻き込まれることも少ないです。

今年も丹後半島で海水浴、キャンプ、バーベキュー、
そして墓参りと夏らしく過ごしました。

日本海の水は透明で冷たく、人も少なめで最高のビーチです。
一日目は、外海に面した琴引浜で泳ぎました。
石英の粒を多量に含んだ砂のため、
歩くとキュッキュッと音が出る「鳴き砂」で有名ですが、
海水浴客が多いためか全く鳴りませんでした(苦笑)。


ほんの少しでも砂が汚れると、音はしなくなるそうです。
この浜は温泉が湧いていたり、波の浸食でできた見事な岩場があったり、
遊べるポイントが沢山あります。

潮だまりにひそむヤドカリやイソギンチャクに盛り上がる子ども達。
小さなマツバガイを剥がして「これも貝やで」と言うと「エッ!」。
岩の一部と思っていたようです。

海で遊びすぎて、キャンプ場についたのは夜8時。遅い!
なんとかバーベキューだけ楽しみ、早々に寝ました。
家族みな寝静まったあとでテラスに出ると、天の川まで見えました。

次の日は、場所を変えて泊の浜で泳ぎました。
こちらは琴引浜よりさらにこじんまりしたビーチで水質はやはり最高。
岩場も少しあり、磯遊びに目覚めた長男が戻ってこない(笑)


海で遊んだあとは、舞鶴まで移動してお墓参りしてきました。
墓地の地面がところどころ掘り返してあり、誰の仕業かと思ったら
イノシシだそうです!鼻先で土を掘って、虫を食べるのだとか。

帰りは東名、神奈川ー東京間が大渋滞でしたので
高速を降りてドライブがてら一般道を進みました。

日本の風景。
明らかに特徴のある場所はすでに観光地だったり、世界遺産だったりして、
それ以外は田舎も街も、平凡ですね。
平凡でもその土地に愛着のある人は、郷土愛のある人。
私は転々としているので郷土愛はあるのかどうか心もとないですが、
どこに行ってもそれなりに、楽しんでいるので良しです。

土地よりも、良い人間関係が築けるかどうかが肝心だと思うなー。










 

おふくろの味とは?

  • 2015.06.13 Saturday
  • 06:20
おはようございます!

最近読んだ本で面白かったのは、こちら。

「小林カツ代と栗原はるみ」阿古真理著

先月の初版発行からわずか10日で重版かかっています。

家庭料理の変遷を主題にした本は多いですが、
それを時代ごとに活躍した料理研究家から論じ、かつ近代女性史にも絡めた構成が新鮮でした。

我が家も祖母、母、私で作る料理は全く違います。
それこそが激動の現代史を表しているともいえますね。
3人が影響を受けた文化や思想が違えば、台所の構造も違う。
母から娘へ伝える味、なんて今ドキあるのかしら。

ちなみに今、我が家の子どもたちで料理に一番関心が高いのは長男です。
女じゃなくて男。私も遠慮なく、長男に包丁の使い方を教えています。

余談ですが、読んでいると思わず懐かしい気持ちになり
祖母が購読していた「家の光」(JA発行の家庭雑誌)の切り抜きスクラップを
久しぶりに開いたら小林カツ代さんのお菓子作り特集に
上新粉を使ったケーキレシピがあり、びっくり。
昭和の時代にもう米粉を使った洋風のケーキレシピを考案されているなんて、
彼女の料理の斬新さに改めて感動しました!



 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SMARTPHONE

もじでパーツ

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM