大きな街の小さなカフェ〜第一章 

2017.05.24 Wednesday

0


    旅行会社を起業したい!→家賃対策としてカフェもやろう。

    ●家の近所で働くと、子育てもしやすい。



     練馬で旅行会社を始める! と言い始めた夫。
     もともと「旅行は子どもの学びや成長にプラスになること」それを「旅育」と名付けて提唱する講演活動をやっていた夫は、その「旅育」啓蒙活動をさらに進めたい気持ちがあったようです。
     思想を売る、というのはと〜っても難しいです。だから「若い家族向けのオーダーメイド型海外旅行」のように想いを盛り込んだ「商品」を売るのですね。
     
     練馬には若い家族も沢山住んでいるので、そこをターゲットにする。
     私たちも住まいと職場が近くなり、便利!
     そんな事を言っとります。
     
     私も、まだ地震が起きた時の騒動が記憶に新しかったので「職場と家が近い」事には大賛成でした。でも練馬で旅行会社やってお客さん来るのかな。
    「旅行会社やったら、新宿とか池袋でやった方がええんちゃう」
    「いやそれは、通勤時間がもったいないし、家賃も高いし。無理」
     
     オーダーメイド型の旅行…。すごーく、意識の高い親しか反応しないのでは?
    「石神井とか、大泉って、社長とか富裕層が沢山住んでるらしいで。石神井公園駅とか、大泉学園駅の辺りでやったら?」
    「いや、俺は普通の親に旅行の良さを知ってほしいから。普通の所得の人が住んでる練馬駅前でやる」
     
     夕食の時間や休日にとりとめなく、思いついた事を言い合う形で新会社のプランは進んでいきましたが、まだ私の中ではふわふわした空想レベルでした。
     ほぼ個人経営に近い形の旅行会社、というものを私はそれまで利用したことがなかったし、現実に存在して、利益を出している会社があることも知りませんでした。
     だから具体的なイメージを持つことが難しくて「やっぱ無理そう。やーめた」と企画だおれに終わるかも知れない…と呑気にかまえておりました。

    大きな街の小さなカフェ〜第一章

    2017.04.27 Thursday

    0

       

      第一章 旅行会社を起業したい!→家賃対策としてカフェもやろう。

       

      転職を繰り返す夫、ユートピアはどこにも無く…独立を決意

       

       さて、まずはカフェを出すに至った経緯をお話しますね。

       私は中学時代に「印度放浪」に衝撃をうけ、いつか一人で世界を放浪したいと思っていました。その夢はようやく20代後半に叶い、同じようにふらふらと自転車で旅していた日本人の男と出会い、結婚、東京にて定住生活が始まりました。

       

       

       夫は測量会社に再就職、私はテキスタイル図案を描く在宅ワークを見つけ、それぞれがそれなりに再出発できたかのようでした。

       しかし、夫は高い理想を追う人でした。「自分の本当にやりたい事をやって成功する!」夢を実現すべく、長男が産まれた後に旅行会社に転職、長女が産まれた後には更に別の旅行会社に転職、その旅行会社は1年程で潰れ、親会社に吸収されました。

       クビにはならなかったものの、年収は下がり、ボーナス無し、退職金無し、と就労条件は悪くなり、夫の不満は解消されぬまま。やがて、ネクタイを締めるのが面倒くさいと言い始めました。

       

       

       でた! ネクタイを締めるのが面倒くさい。

       これは、夫が会社を辞めたがっているサイン…

       

       

       一方、私。在宅で絵を描くお仕事は、好きでしたが全く儲かりませんでした。

       ただ、子育てと両立しやすい働き方でした。

       自分のペースで仕事を進められ、子どもが急病でもすぐに保育園にお迎えに行けます。

       

       

       子どもが小さいうちは、この仕事を細々と続けながら子育て優先で暮らそう。

       子どもが大きくなったら、もっと収入の見込める仕事に変わろう。

       そんな計画でした。

       

       

       ただ夫がこんな調子ですので、経済については私もどうにかしなくちゃいかん、と焦って就職活動をした事もあります。しかしながら、幼児を抱えた私は面接でことごとく落ちました。

      「知ってると思うけど、この業界は土日休みと条件に書いてあっても本当は違うから」

      「木舟さんくらいのスキルの人、来てほしいけどお子さんがまだ小さいよね」

       

       

       そんな中、東日本大震災が発生。在宅ワークの仕事が途絶えてしまいました。

       どうしよう…私も行き詰まりました。

       

       

      さて行き詰まり第一号の夫、現状打開すべく独立開業を思いついたようです。

      「練馬でやるよ! 若いファミリー向けの海外旅行を売る旅行会社をやるよ」 

       

       

       …は? ネットで航空券もホテルも個人が予約できる時代に、旅行会社、やるの??? 

       

       

      JUGEMテーマ:旅カフェオーナー店長のつぶやき

      大きな街の小さなカフェ〜プロローグ

      2017.04.09 Sunday

      0

        こんばんは。今週末も雨でしたね〜。

        春のぽかぽか陽気を期待していると、雨。

        今年の週末は雨続きで、お花見をゆったり楽しむ間もなく散っていきそうです。。

         

        さて、夫とともに旅行会社とカフェを合わせた業態の店「たびえもん」を立ち上げて丸5年。

        3人目になる次女を出産した直後の開業でした。

         

         

        ふにゃふにゃの新生児だった彼女も成長し、

        今や補助輪なしの自転車を乗りこなせるまでに育っております。

        そしてお店もまた、少しずつ成長をして今に至ります。

         

        私はこの店を始めるまで飲食店で働いた経験は皆無に等しく、素人同然で始めました。

        何の知識もなく、飲食店のマニュアル本を読んでも「分からない事が分からない」状態。

        泳げないのに大海に放り出されたような切羽詰まった中で、試行錯誤を繰り返してきました。

         

        これからは、そんな私のドタバタなカフェ運営のあれこれも、

        マンガを交えながら少しずつお伝えしていきたいと思います。

         

        いつかカフェを始めてみたい! 旅行が大好きだし、旅カフェなんて素敵だわ!

        カフェも旅行も興味ないけど、夫婦だけで3人も子どもを抱えてどうやって仕事回してるの…?

         

         

        少しでも気になる方は、どうぞこれからも引き続き、読んでみて下さいね。

        お楽しみに!

         

         

        JUGEMテーマ:旅カフェオーナー店長のつぶやき

        1