断捨離したはずの巻【たびえもん通信65号より】

私事ですが、先日引っ越しました。

前の住まいと100m程しか離れていませんので、周辺環境はほぼ同じです。

ここが落ち着くわ〜

 

とはいえ家財道具一式を荷造りして、荷ほどきする手間は同じです。
4年前の引っ越しの時にお世話になった業者さんに再び見積りに来ていただきました。

 

前回の引っ越し時に断捨離に目覚めた私。

それからは「一つ買ったら一つ処分」の原則を守ってきた自負があり
「どう? 前と比べて物の量たいして変わってないでしょう」
とドヤ顔で営業マンをお迎えしたのですが

「かなり物増えましたね」とコメントされてショック!
 Why?

 

冷静に考えてみると、私個人の持ち物はともかく、子どもは二人学齢に達して学用品は倍増、年齢に応じて増え続ける児童書。

子どもの体格も大きくなり、長男の服や靴は私のそれとサイズがほぼ同じ…。家族全体の物の総量は増えていたのでした。

憧れのシンプルライフには程遠いのう。しかしこれは、我が家に活気がある証拠! そう考えなおし、今は整理整頓の日々です。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL