旅行の品質の巻【たびえもん通信68号より】

最近、格安スマホに替えました。

最初の説明では使えたはずの割引プランが、

本契約の後に「その割引プランはあなたには適用されません」と内容がひっくり返り、詐欺かと思いました。

そして同時にまた「安物買いの銭失い」やっちゃったかな〜と反省しました。

 

LCCもちょっと似たところがありますよね。
航空券の価格は安いのですが、荷物も飲食物も有料、お客様への対応は最低限。万が一の時のサポートも薄い。

 

目的が果たせるなら、内容が同じなら、安いほど、いい!

私は今まで、そんな考え方でした。

でも、世の中には高くて良いものか、安くて悪いものしかありません。

同じに見えて、違います。

 

私はお金をかけないバックパッカー旅行をして、得るものは沢山あったし有意義でしたが、お金を使うべきところでしっかり使えば、もっと外国の文化や風物を深く知る旅が出来たかも知れないなぁ…と思う事はあります。

 

旅行は物のように目に見える形がないので「とにかく安く」となりがちですよね。

でも、満足度という、これまた目に見えない所で差がつきます。

そして、心を満たしてあげる事が一番重要なんですよ。

 

だって、心を満たすために旅行しているんだから!

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL