ドイツの素朴なりんごケーキ

11月。

そろそろ出てるかな〜と探しにいって、見つけた紅玉ハート

 

豪快に4つ割りにしたそれを花形にのせた「アプフェルクーヘン」を焼きました。

シンプルで実直な感じがいかにもドイツらしいお菓子です。

レシピは、オリジナルではありません。

こちらのレシピをもとに焼いています。

 

違うのは、リンゴの皮をしましまに剝き残して赤いお花のように見せている事と、きび砂糖を使っていることくらいでしょうか。

りんごは結構酸味が強いので、生地の甘みを穏やかにして、バランスをとっています。

 

イチジクとくるみのアーモンドケーキもそうなんですが、

生の果物をドーンと載せて焼くだけのケーキは手軽で季節も感じられ、飾りつけの手間もなくおすすめです!

だけど、お店ではあまり売っていないタイプ…。

 

おそらく、ケーキは賞味期限が1日しかないような生ケーキか、

逆に、お土産やおつかいものに便利な日持ちのするケーキが、商品として付加価値が高いのです。

だから、果物も生か、あるいは日持ちがするように下処理してあるか、のどちらかです。

 

これは生のりんごをかたまりで使っているので、時間が経つとりんごから水分が出てきて

バターケーキだけど風味の落ち方は早いです。

だからこそ! 家庭でわざわざ作る価値のあるケーキなんです。

この、焼きりんごとケーキを合わせて食べているような満足感! やみつきになります。

作りたてをわいわいみんなで切り分けて、おやつにどうぞ。

 

商売向けじゃないけど、美味しい料理って実は沢山あると思っています時々ウインクペコちゃんハート

 

 

 

JUGEMテーマ:おうちのご飯

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL