旅の土産にハンカチーフ

最近ちょっと面白いハンカチを見つけました。

モチーフは「ジョージア州」です。

最初「グルジア」かと思ったんですが、何か違うな、と(笑)

 

アメリカが豊かになり、国内旅行がブームになったころ、各州を図柄にしたハンカチがお土産として大量に作られたそうです。

お国自慢のペナントみたいな感じ?(私も大阪城のペナント持ってた)

写真集などで見た事ありましたが、実物は初めて見ました。

お土産物と言っても、素材は薄い上等のローンですし、縁のスカラップ部分の始末も丁寧で上質ですよ。

青と黄色が爽やかで、旅の解放感やワクワク感が伝わってくると思いませんか?

 

「スーベニールハンカチ」と呼ばれ、古い物が好きな方には一つのジャンルとして確立、コレクターもいるそうです。

わたしはたまたま200円で見つけちゃいましたが…しかるべきところに出したらもっと高値がつくと思う。

(あ、転売する気はないです。大切に使います。)

 

ハンカチは軽くてかさばらないし、お土産に手ごろですね。

こういう「ご当地ハンカチ」を日本各地で作れば今も人気出るかも!?

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL