今年の酉の市は何かが違った

昨晩、二の酉に行きました。

日中雨が降っていたせいか、例年より人手は少なめで、あまり長時間並ばずにお参りできました。

 

昨年の熊手をお返しして、新しいのを見に行ったら、小ぶりだけどギュッとバランスがとれて迫力のある熊手があったんですよ。

あれ、かっこいいなあ…と見ていたら社長も同じ事を感じていたらしく、値段をきいていました。やっぱり高い。

 

違いをお店の人が説明してくれましたが、物って、説明しなくてもいい物はすぐ分かるよね…。

 

しばらくもじもじ悩んでいましたが、予算が合わなかったので他のにしました。

 

 

酉の市は東日本の風習なので、私には小さい頃酉の市に行って楽しんだ経験もないです。

身に着いた行事じゃないから、今まで何となく周りの人に合わせて来ているだけ、みたいなところがありました。

仕事ですごく疲れている時なんか社長に

「あんたと子どもだけで行ってきたら?」って言うくらい、どこか他人事で。

 

でも今回ね、はじめて欲が出ました。

来年はあのかっこいい熊手をさらっと買って、

高くささげて顔はって群衆の中を歩きたい。

 

こういうところで見栄を張る人の気持ちがちょっと分かった。

気概は大事やな。

 

 

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL