自由に生きるとは?の巻【たびえもん通信74号より】

小学生の学習内容を見ていて、私達の頃とずいぶん違うなと感じるのは、「道徳」の比重が大きいことです。

人権などについてはもちろん、簡単な心理学も教わり、自分の感情をコントロールする方法も学ぶようです。いじめなど、人間関係のトラブル回避が重視されているなと感じます。

 

先日は長男が「人権が守られているってどういう状態だと思う?」と質問してきました。

「え〜? どこの宗教に入ってもOK! とかそういう事」

と私がしどろもどろに答えると「自分で、自分の事を好きだと思える状態だよ」と答えてきました。

 

その切り口は新しいな…としばらく私も人権について考えを巡らせていたところへ、南北首脳会談のビッグニュースが入りました。続いて北朝鮮関係のTV特番が増えましたが、中でも拉致被害者の方の言葉が刺さりました。

 

「自分は運良く帰国出来た。これからは自分の夢を追いかけ、自分の人生を全うしていきたい」

 

…そうか。夢を追いかけるのは私達が持っている権利。そして、理想や夢に挑戦する自分の姿は、自分で好きになれるよね!

 

夢に向かってもがく二人。

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL