実践!イギリス親子ホームステイ【その1・準備編】

子どもが0歳の時からあちこち海外に出かけ、
その都度色んなハプニングを乗り越え、
強烈かつ良い思い出になっている我が家。

 

 

毎年少しずつ工夫して、改善して…を繰り返しているうちに
ついにバギーも紙おむつも持たずに旅できるレベルになりました。

 

それって別に工夫や改善の賜物ではなく、単に育っただけだけど(笑)

長男は、小学校で英語を習っているらしい…。

 

今までは「お子さんが楽しめて飽きない」と子ども目線100%の旅だったけれど、
もう一段ステップアップして「学び」をもっと取り入れていけるかも?

そして、そして私個人の希望としては、
もう少し現地の人と話せる「余白」のある旅がしたい!

 

今までいろんな場所に行ったけれど、頭の中でしっかり記憶されているエピソードって、
現地の人が関わっていることが多いんです。
親切とか、道を教わった、とか。
文化や宗教や歴史の話題になって、それぞれの考え方や感性の違いがくっきり明快に
なったりすると、もう面白い。忘れられない。

 

ホテルや観光地のスタッフとの定型のやり取りだけでは知り得ない、
沢山の思想。感情。
それを伺い知るのが私の旅の楽しみでもあります。

 

まあでも、時間がたっぷりある一人旅ではあるまいし。まして留学は難しい。
現状のまま、希望が満たせる海外経験、と思案してたどり着いたのが

 

「親子ホームステイ」

 

でした!

 

・最短1週間からなので旅行感覚で行ける。
・滞在先は、英語の先生のお家。レッスンはその家で受けるので
 スクールに通うのが難しい未就学児も学べる。
・英語の先生と暮らすから、生活の中でも正しい英語を学べる。
・レッスンの他に、料理やアウトドア活動などの娯楽もある。

 

魅力的な条件がそろっていたのですが、問題は時期と人数。

年末年始、大晦日から元旦にかけて6人の外国人を泊めてくれるお家ってあるのかしら。
私だったら、正月くらい家族水入らずで過ごしたいよ?
我々の希望、かなり難しいのでは…。

 

ところが「OK!」と言ってくださった先生が見つかったのです。
言ってみるもんです。

 

「大勢じゃダメでしょ、ホームステイって、学生が一人で行くもんでしょ」
と勝手に決めつける前に、一度探してみてください。

 

語学学校は、どうしても時間や期間が画一的になります。
だけどホームステイはホスト側の条件も多様だから、融通がききます。
そういう意味では、変則的な事情の人ほど向いているスタイルです。

 

見つかった、わ〜い!と一安心して次回は
実際、どんな暮らしだったかをリポしたいと思います!

 

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

 

久しぶりにたびえもんのリアルイベントを開催します!
保育ルーム利用ご希望の方はお早めにお申込みください。
保育可能人数の半数以上、埋まってきておりま〜す。


6/10(日)小さな子どもと一緒に行く 自由な海外旅行の作り方

 

子供が生まれたから、しばらく旅行は無理?
日々の育児や仕事のストレスから解放されて、
たまには旅行に出かけてリフレッシュしたいと思っているパパ・ママへ。
豊富な具体例をふまえながら、一生の思い出に残る、家族旅行のつくり方をお伝えします。


●日時 6月10日(日)9時半〜11時半 
●場所 ココネリ3階ココネリホール東側(練馬駅前・北口徒歩1分)
●企画 練馬区教育員会委託・子育て学習講座
     ぶんかサイエンスカフェ主催
●講師 木舟周作(株式会社たびえもん代表)
●参加費 大人500円(お茶菓子付き)、子供無料(未就学児の保育あり)
●定員 40名、保育ルームあり(事前予約、10名まで、費用100円)
●申込 5/21より受付

 

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●cookpad
https://cookpad.com/

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL