ビジネスヒントは突然にの巻【たびえもん通信75号より】

今年のお正月、私がイギリスで迎えた事はすでにみなさまご存じかと思うのですが、その時、日本から小さい鏡餅を持参しました。

 

薄く切って、パンを焼く網をお借りして火であぶり、パンパンに膨らんだところに海苔と醤油を添えてホストファミリーの皆さんにふるまいました。

 

「モチ」は意外にも有名でした。

 

「正月に子どもやお年寄りがモチを食べて亡くなるんだろう?」

「どうして日本人はそんなデンジャラスフードを食べ続けるんだい? 伝統だから?」

と複雑な表情で尋ねられました。言われてみれば確かに。

 

 

その時は雑談で終わったのですが、最近その事を思い出した時にハタと思いつきました。

 

「絶対に喉に詰まらないセイフティ餅を開発すれば、需要あるんじゃない?」

 

やはり、海外に出ると自分1人では思いつかない視点が得られますね。
これを読んでいるお餅メーカーのみなさん! どうですか、私と組んで新商品を開発してみませんか?

 

↓たびえもん通信に掲載している4こまマンガです

 

 

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

 

久しぶりにたびえもんのリアルイベントを開催します!
保育ルームをご利用ご希望の方はお早めにお申込みください。
保育可能人数の半数以上、埋まってきております。


6/10(日)小さな子どもと一緒に行く 自由な海外旅行の作り方

http://tabiiku.org/company/event/2018-0610/

【ご案内】

子供が生まれたから、しばらく旅行は無理?
日々の育児や仕事のストレスから解放されて、
たまには旅行に出かけてリフレッシュしたいと思っているパパ・ママへ。
豊富な具体例をふまえながら、一生の思い出に残る、家族旅行のつくり方をお伝えします。


●日時 6月10日(日)9時半〜11時半 
●場所 ココネリ3階ココネリホール東側(練馬駅前・北口徒歩1分)
●企画 練馬区教育員会委託・子育て学習講座
     ぶんかサイエンスカフェ主催
●講師 木舟周作(株式会社たびえもん代表)
●参加費 大人500円(お茶菓子付き)、子供無料(未就学児の保育あり)
●定員 40名、保育ルームあり(事前予約、10名まで、費用100円)
●申込 5/21より受付

 

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL