実践!イギリス親子ホームステイ【その6・折り紙編】

せっかくホームステイするのだから、子どもが遊べて、日本の文化を伝えられるものを何か持って行こう! と思案した結果、折り紙というベタなアイテムに落ち着きました。

 

レッスンが終わった後のリビングに持って行き、祖母も加わって鶴や風船など古典的なモチーフを折ってみました。小さい頃覚えたモチーフは手が覚えているけど、大人になってから覚えた(はずの)バラとか全く思い出せずにもどかしい!

 

要領のいい長男はスマホで折り方を検索して、次々折り上げては先生に見せてどや顔(笑)
いつもはDSしかやらんのに…。

 

先生は、と〜っても興味深そうでした。
折り紙自体は知ってるし、現物も何度も見た事があるけど3世代がわいわい言いながら折り紙をしている現場を見るのは初めてだ、と話されていました。

イギリスでは、折り紙は一部の愛好家だけがする特別な趣味のようです。
日本人は特に好きでなくても鶴くらいは何となく折れちゃう。
市販されている折り紙の種類も多いしね。

 

これは日本の文化なんだ〜としみじみ感じた次第であります。

 

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL