実践!イギリス親子ホームステイ【その7・ウォーキング編】

 

イギリスの冬の天気は変わりやすく、まるで山の天気のようです。
雨が降っていたかと思えばサッと日が差し、
ポカポカしてきたかと思えば突風が吹きはじめ、また雨雲がやって来る。

 

 

先生はネットの天気予報を注意深くチェックして
「午後いっぱいは晴れそうだ」
ということで、エクセター郊外にウォーキングに出かけました。

 

 

美しい小川に畑、木や藪がところどころあり、細い道がいつまでも続いている。
これぞイギリス、ヨーロッパの田園、と叫びたくなるようなのどかな景色が
広がっていました。

 

 

ただ午前中の雨で道がぬかるみ、大きな水たまりもあちらこちらに出来ていました。
我々日本人はトレッキングシューズや長靴を持って来ておらず、
滑って転んで大騒ぎ(笑)

 

 

地元の人は慣れたもので、深い長靴や足首まであるトレッキングシューズをはいて
散歩を楽しんでおられました。犬を連れた方も多く、乗馬を楽しむグループにも遭遇!
イギリスの人たちの休日の過ごし方を垣間見ました。

 

 

ぬかるみ道は最後、海へと出ました。海上から吹いてくる突風にものともせず、
大声で会話しながら散歩をしている人がここにも沢山いました。

先生は流木にとまった鳥を見て「英語俳句」をしみじみ詠みはじめるし、
寒風なんぞどこ吹く風。
エクセター住民はみんな厳しい寒さに慣れっこのようでした。

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL