色んな意味でアツい国の巻【たびえもん通信82号より】

明けましておめでとうございます。

年末年始はインドネシアに行っていました。
感想をものすごくざっくり言うと「アツい」国でした。

 

まずは気候!
真冬の日本から行ったせいかもしれませんが、湿気と暑さに慣れるまで少し時間がかかりました。

【繁華街のど真ん中にガジュマル】

 

次に料理!
インドネシア料理は全体的に私が想像していたより辛味の強い味付けでした。
知らずにうっかり激辛の味付けがウリの店に入り、家族全員ミネラルウォーターをがぶ飲みする事態に陥った事も…(苦笑)。

【炒り卵の下に激辛ソースが隠れていました…】

 

そして、若年層の人口が多いためか社会全体に勢いがあって快活でした。
ぶっちゃけ南国の人間は通路や床に座り込んでダラダラしている印象があるのですが、そういう人はあまり見かけず、むしろ若い人がひたむきに働いている姿が目立ちました。

古都ジョグジャカルタの目抜き通りは、夜になるとインドネシア人の観光客で溢れかえり、小さい子の手をひいて国内旅行を楽しんでいる若い家族連れも沢山いました。

【ボロブドゥール遺跡は地元観光客で大賑わい】

 

治安はいいし、羨ましいくらいの健全なエネルギーに満ちていましたよ〜!

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL