自分の機嫌は自分で取るの巻【たびえもん通信83号より】

先日、人生初のハーフマラソンレースに出てきました。

出場した理由は色々あるけど、大きく二つあります。

一つは運動音痴で苦手な私、というセルフイメージを自分で覆したかったのが一つ。

二つ目は、言い訳無用、シビアに順位が決まる競争に身一つで出ていく経験を積んでみたかったのです。


それで、実際走ってみたらとにかく息が上がって苦しくて…。

よたよた走っている時に速い人にビューンと抜かされようものなら

「すごい…私はダメだ…あんな、スーパーサイヤ人みたく走れない」といじけはじめる(笑)

 

走っている時は誰とも話さないので対話は全て自分の心の中です。

「もうしんどい、無理!」と叫ぶのも

「あと5キロ。ここまで走ったえらい!」と声援をかけるのも、

ぜ〜んぶ自作自演の一人語りです。


だから痛感しました。

 

自分の機嫌を取れるのは、結局自分だけなんだなあと。

心を整えて、身体を前へ前へと動かせるのは、自分しかいません。

 

そのことを会得できただけでも、マラソンを走った意味があったと思います。

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL