旅レポ04 モルディブ【コンラッド・モルディブ】

旅レポ01 スリランカ【シギリヤ・ダンブッラ】

旅レポ02 モルディブ【マーレからリゾート〜水上飛行機を使って】

旅レポ03 モルディブ【ノク・モルディブ】

旅レポ05 モルディブ【ミリヒ・アイランド・リゾート】

旅レポ06 モルディブ【アマヤ・クダラ・モルディブ】

旅レポ07 モルディブ【センターラ グランド アイランド リゾート&スパ モルディブ】

旅レポ08 モルディブ【リゾートからマーレ〜ボートと国内線を使って】

 

ノク・モルディブに1泊したのち、コンラッド・モルディブに移動しました。
水上飛行機で一旦マーレに戻ったのち、再度水上飛行機で移動します。

 

コンラッドは水上飛行機を待つお客様のために、専用ラウンジを設けています。
朝食や昼食時には食事も出ますし、飲み物も飲み放題、ここからすでにリゾート気分です。

 

ここは無人島も含めた4島で構成される、比較的大規模なリゾートです。
宿泊棟のある2つの島が長い桟橋で繋げられ、その中間に船着き場が作られています。

 


大きい島はランガリフィノール島。

メインスパ、メインレストラン、キッズクラブ等の設備が整えられ、レセプションの辺りはいつも賑やかでした。

島内の樹木も大きく、立派に育っています。

 

 

小さい島はランガリ島。客室は全て水上ヴィラとなり、16歳以上の大人だけが宿泊できる条件です。より隠れ家的な雰囲気が強く、静かに滞在したい大人の方にはランガリ島がおすすめです。

ランガリ島の船着き場。2島の間はドーニ船も往復運航しています。

 

 

ランガリ島の水上ヴィラ。あいにくこの日は満室との事で、室内の見学はかないませんでした。

 

 

今回私が案内された部屋は、ランガリフィノール島(大きい方の島)の水上ヴィラでした。


1棟1棟が十分な間隔を保って建てられていますので、プライベート感満載です。
夜は波の音がBGM、テラスのデッキに寝転ぶと星空。最高でした。

ジャグジーもあります。

バスルームは室内にあり、海に面しています。

 

ところで、水上ヴィラのデッキには柵も手すりもありません。
夜、特にお酒を飲んだ後はくれぐれも足を踏み外さないようにご注意ください!
浅瀬といっても外洋に面した方は潮の流れが強く、波も高い時があります。

 

室内のTVモニターに、次の日のチェックアウト時刻や荷物のピックアップ時刻についてメールが届きます。外で遊んでいるとTVはあまり観ないかもしれませんが、このようなメッセージも届きますのでチェックをお忘れなく。

また、コンラッドはいわゆる「リゾートタイム」を設定しており、島内の時間はモルディブの標準時間より1時間進んでいます。スタッフが伝えてくる時間は全て「リゾートタイム」ですのでご注意ください! 混乱しそうだったら、必ずスタッフに確認してくださいね。

 

ランガリフィノール島の水上ヴィラは、レセプションやメインレストランから少し距離があります。部屋の電話からカートの送迎依頼ができますので、賢く使って効率よく島内を移動してください。

 

客室の多さに比例して、レストランも何軒もあります。
メインレストランの朝食ブッフェの品数の多さには驚きました!
また、有名な海中レストラン「ithaa」の中も見学させていただきました。

 


営業時間外でしたが、朝の光が店内に注ぎこみ熱帯魚の姿も沢山見られました。
夜はライトアップするとのこと、より幻想的な雰囲気の中で食べるディナーは一生の記念になりそうです。

 

 

マリンスポーツも各種楽しめます。リゾートはどこでも必ずダイビングショップがあり、用具類のレンタルからダイビングやクルーズのツアーを各種催行しています。

島の周りでシュノーケリングをするならどの辺がおすすめか、危険なポイントはどこかなど、海に関する情報はダイビングショップのスタッフに事前に訊いておくと安心です。

 

また、モルディブのリゾートに必ずあるといえば「スパ」!
こちらもコースが各種揃っているので、メニューを見て、説明を訊いた上で申し込みされると良いです。

 

ランガリ島には水上スパがあります。

ガラス床を通して海中を眺めながら施術を受けることができますよ。

 

海でのアクティビティもスパも、季節やスタッフの状況によって内容や時間が変わるため、現地に到着してから直接申し込む方法が確実です。すでに混んでいる事もあるそうなので、リゾートに到着したらすぐに店舗に行き、スケジュールを確認して予約を入れるのがおすすめだそうです!

 

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL