旅レポ03 モルディブ【ノク・モルディブ】

旅レポ01 スリランカ【シギリヤ・ダンブッラ】

旅レポ02 モルディブ【マーレからリゾート〜水上飛行機を使って】

旅レポ04 モルディブ【コンラッド・モルディブ】

旅レポ05 モルディブ【ミリヒ・アイランド・リゾート】

旅レポ06 モルディブ【アマヤ・クダラ・モルディブ】

旅レポ07 モルディブ【センターラ グランド アイランド リゾート&スパ モルディブ】

旅レポ08 モルディブ【リゾートからマーレ〜ボートと国内線を使って】

 

首都マーレから水上飛行機で飛ぶこと約50分。

本日の宿泊先ノク・モルディブに到着しました。
日本の大阪や京都にも系列ホテルを持つモダンな雰囲気が持ち味のリゾートです。

島近くの海に着水した後は、ボートのように進んで桟橋に横付けされます。

 

ウェルカムドリンクならぬ、ウェルカムシャーベットをいただいた後、

チェックインをすませ、カートに乗って島内に点在する部屋に案内されます。

暑いので、このおもてなしはありがたかったです。

 

静かなレセプション。

 

その日に開催予定のアクティビティが掲示されています。

 

 

モルディブのリゾートは、1つの島に1つのリゾートホテルがある形態で、他国のビーチリゾートと比較しても、かなり特殊な環境です。ノク・モルディブの島は大まかに言うと楕円形をしており、島のサイズとしてはモルディブでは中くらいになるそうです。島内には十字の形に道が作られ、分かりやすい構造でした。

 

島の端にあるレストラン。食事条件をIsland Blissにアップグレードすると利用できます。

 

経営はシンガポールの企業ということで、食事はどちらかと言うと中華料理。
それも和食や洋食の要素を取り入れ、洗練させた中華で日本人の口にも合いやすいと思います。

 

蒸し暑い都会のコロンボからマーレ、そしてここまで飛行機を乗り継ぎ慌ただしく移動してきたので、部屋に入って一人きりになった時はあまりに静かでのんびりした雰囲気が信じられず、しばらくぼんやり外を眺めていました。まさに楽園…。

モノトーンで統一されたモダンな室内。

 

バスルームが広い! 中央にバスタブ

 

解放感いっぱいの屋外シャワー。

室内にもシャワーはあります。

 

陸上ヴィラを海側から見た写真。

右側がバスルーム。左側が寝室。水上ヴィラも基本的にこの間取りです。

一部屋ずつ別棟になっていて、植物で遮られているので隣室の気配は全く感じません。

 

都会で忙しく頑張っている人ほど、時にはこのような場所で充電する時間が必要かも知れませんね。

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

 

旅レポ02 モルディブ【マーレからリゾート〜水上飛行機を使って】

旅レポ01 スリランカ【シギリヤ・ダンブッラ】

旅レポ03 モルディブ【ノク・モルディブ】

旅レポ04 モルディブ【コンラッド・モルディブ】

旅レポ05 モルディブ【ミリヒ・アイランド・リゾート】

旅レポ06 モルディブ【アマヤ・クダラ・モルディブ】

旅レポ07 モルディブ【センターラ グランド アイランド リゾート&スパ モルディブ】

旅レポ08 モルディブ【リゾートからマーレ〜ボートと国内線を使って】

 

スリランカの弾丸観光ツアーが終了した次の日、朝の便でモルディブの首都マーレに移動しました。飛行時間は約1時間30分です。

 

機内では温かいツナ入りパンが出ました。


モルディブに近づくにつれ、環礁が増えてきます。
たとえは少し変ですが、海の上に湖があるような…そんな風に見えます。

 

マーレはビルの密集した首都島、人口密度は世界有数だそうです。

空港を抜けると、出迎えの人達でごった返しています。
ここで自分が手配依頼をしている旅行会社スタッフ(またはリゾートスタッフ)と待ち合わせ、各リゾートに向けて出発する流れです。

 

目的のリゾートとマーレの距離によって移動手段は変わります。
比較的近い場合はスピードボート。遠いと水上飛行機に乗ったり、モルディブ国内線とボートを乗り継いで移動する方法もあります。今回は、水上飛行機での移動となりました。


ちなみに、水上飛行機に無料で積み込める荷物の総量は、1人あたり預け荷物が20kg、手荷物が5kg、計25kgです。
通常の国際線エコノミークラス(預け荷物23kg、手荷物10kg)より制限がきつく、超過した場合は追加料金を支払います。(2019.06現在)

 

水上飛行機はtmaという航空会社が運営しています。
(リゾートによっては、専用の水上飛行機を所有している場合もあります)


ちなみに、搭乗券には出発時刻の記載ナシ…。

 

近いリゾートに宿泊する乗客を相乗りさせ、各リゾートに立ち寄りながら運航することもあります。いつ出発するかはその時の状況次第ですので、乗客は係員が呼びにくるまでラウンジ待機となります。


3席×5列=計15席の客席、腰をかがめて乗り込む狭い機内。
水上飛行機は、とっても小さいんです。

荷物の重量制限が厳しい理由も納得できます。

 

操縦席と客席の仕切りはありません。
エンジンが近いので、機内はかなりのやかましさです。

 

低い高度で飛びますので、モルディブの島の様子が空からよく見えます。リゾートへまっしぐら!

 

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

 

旅レポ01 スリランカ【シギリヤ・ダンブッラ】

旅レポ02 モルディブ【マーレからリゾート〜水上飛行機を使って】

旅レポ03 モルディブ【ノク・モルディブ】

旅レポ04 モルディブ【コンラッド・モルディブ】

旅レポ05 モルディブ【ミリヒ・アイランド・リゾート】

旅レポ06 モルディブ【アマヤ・クダラ・モルディブ】

旅レポ07 モルディブ【センターラ グランド アイランド リゾート&スパ モルディブ】

旅レポ08 モルディブ【リゾートからマーレ〜ボートと国内線を使って】

 

先日、スリランカとモルディブへの研修旅行に行ってきました。
その旅レポートです。何回かに分けて、お届けします!

 

 

スリランカへの道〜

※観光目的の入国にもビザ(ETA)が必要です。

 オンラインにて取得可能。(2019.06)


成田から首都コロンボまでスリランカ航空で約9時間、
さらに首都コロンボから車で約4時間かけてダンブッラに到着しました。
通常のツアーならコロンボで1泊したのち、他の街に移動する事が多いそうですが、
今回はちょっと弾丸旅行です。ダンブッラに到着したのは深夜でした。

宿泊したホテルは小さな湖のほとりに建つリゾートホテル「アマヤ・レイク」です。

 

 

部屋は全て独立したコテージタイプで、隣室の物音も気になりません。
朝はとっても爽やかで見た事のない野鳥を沢山観察できました。

 

 

スリランカの観光地で一番知名度が高いのが、
このシギリヤロックではないでしょうか?
5世紀、この地を統治していた王が岩の上に宮殿を建て暮らしていたそうです。
古いですね! 日本だと古墳時代です。
岩の高さだけで200mほどあり、究極の山城といった風情です。
今は見る影もなく…ホントに建ってたのかな? と若干疑いながら登頂スタートです。

 

たびえもんも一緒に登頂!

 

当時作られた階段にはムーンストーンが使われています。
月明かりを反射して夜でも安全に歩ける工夫だったそうです。

昼間でも太陽光を反射してキラキラしています。

 

岩の中腹部にはかの有名な「シギリヤレディ」
妖艶な美女のフレスコ画が残っています。
工事現場のような金属板が渡してあるだけの簡易な足場に立って鑑賞します。
ちょっと高所恐怖症の方には辛いかも…!
ちなみにカメラ、ビデオ撮影は厳禁です。

 

おさるに注意! 無駄な悪さはしませんが、食べ物を持っていると狙われます。

 

シギリヤレディ鑑賞後、階段を登っていくとライオンの門が現れ、
そこからさらに登って頂上に到達です! 階段の数は全部で1236段だとか。

 


ふ〜、頂上からはスリランカの深い森の景色を楽しめます。

 


平らな岩の上には宮殿の基壇が残っています。
本当に、ここで王が暮らしていたんですね。

何でも権力争いの末に父を殺し、弟の復讐を恐れて

ここに籠ったのだとか。孤独です…。

 

シギリヤの次はダンブッラの石窟寺院を訪ねます。

 


薄暗い石窟の中に極彩色の仏像がびっしり並び、見上げると天井には目くるめく曼荼羅。

スリランカの仏像をしっかり観たのはこれが初めてです。

 


もともとは質素なスタイルだった仏像はヒンドゥー教の影響を受け、
徐々に装飾が派手になっていく移り変わりが興味深いです。

 

ちなみに、仏像にところどころ貼りついている四角い金箔は信心深いタイ人観光客がこっそり貼ったもので、スリランカには仏像に金箔を貼る習慣は無いそうです。

 

スリランカ観光のハイライトを急ぎ足で駆け抜けたあと、

モルディブに移動します!

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

書籍にイラストとマンガを提供させていただきました。

2児のママであり、ライターとしても大活躍の長島 ともこさんの新著にイラストとマンガを提供させていただきました!

本のタイトルは「卒対を楽しくラクに乗り切る本」。私も3人の子の卒園に伴い奮闘した経験がありますので、この本が伝えたいメッセージ、分かり過ぎます!(この時期、日本全国に同じお悩みを抱えたママ達が一体何人いることやら…)

 

 

「卒対」と聞いて若干気が重くなった人も、逆にやる気が満ちてくる人も、そして何より、卒対の言葉にも活動にもピンとこなかった方達に読んでいただきたいです。育児って、自分の子どもの面倒だけ見ていれば完結するもんじゃないって事がよ〜く分かると思います。

 


本書では、仕事&家事&子育てで大忙しのパパママ達がさらにエネルギーが割かれる卒対にどんなスタンスで関わっていけばよいか、丁寧に解説されています。

 

謝恩会企画やアルバム制作に関しては、少しの専門知識やコツが必要で、これを知っているかいないかで仕事の進捗や仕上がりはグッと変わってきます。本書ではその「ちょっとした」ポイントを丁寧にくわしく解説してあり、具体的に使えるサイトやサービスも掲載されています。

 

まさに今、手探りで卒対活動を始めた方に役立つ情報がぎっしり!

また、トラブルの元凶である「人間関係」についてもケースに応じた対処法が書かれてあり、読むだけで気が楽になります(笑)。

卒対になった方、近い将来お子さんの卒園&卒業を控えている方、本書を読めば、卒対に前向きに取り組める勇気がもらえます!

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

ニッポン再発見の巻【たびえもん通信87号より】

GW十連休、東北と北陸を巡る旅をしていました。

日本国内でも知らない事、未知の土地、沢山ありますよね!

楽しい旅になりました。


仕事柄、気になったのは「海外の旅行者から見て日本は旅しやすいか?」という点です。今回、羽黒山の麓にある宿坊に1泊したところ、食堂の大広間は畳敷きながら和風のテーブルと椅子が並んでいました。

外国の方にもシニアの方にも優しい配慮。

夕食は野菜中心の精進料理でしたが、朝食は和食か洋食を選べたようで、フランス人の宿泊者はパンとコーヒーを楽しまれていました。


看板や標識の多言語表記はかなり進んでいました。古い、渋いお蕎麦屋さんのメニューもしっかり日本語と英語のダブル表記でした。

 

逆に、あまり進んでいないと感じたのはキャッシュレス化です。

支払いは現金のみの店が多く、我々も旅の最後に手持ちの現金が少なくなってくると「足りるかな」と不安になりました(笑)。クレカやスマホ決済に慣れた外国の方は日本貨幣の精度や信用度の高さを痛感する事でしょう!

 

 

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

実践!イギリス親子ホームステイ【その18・ステイ終了、ロンドンへ】

1週間のホームステイを終え、最後は少し観光してから日本に帰る事にしました。

(まあステイ中も観光ばかりしてましたが…!)

 

ストーンヘンジは入口のチケット売り場から遺跡まで少し距離があり、

無料のシャトルバスに乗って行きます。

遺跡周辺に現代的な建物や車があると遺跡の神秘性が下がっちゃいますものね。

その辺の演出は上手いなと思いました。

 

それにしても風は強くて、寒くて…

ストーンヘンジの周囲には、古代人のお墓が点在しているそうです。

頑丈な家もダウンジャケットもない時代にこの寒さをしのいでいたなんて

古代人、尊敬します!

 

 

●親子で行く英語教師宅ホームステイ、

 短期語学留学について詳しくお話するイベントを開催します!

 「親子で気軽に海外プチステイ&留学講座」

 


●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

 

実践!イギリス親子ホームステイ【その17・付添人の英語力は?】

 

英語って、相手は私のつたない英語や発音から頑張って内容を聴き取ってくれますが、

私が相手の話を正確に聴きとらないと会話が成立しないですよね。

 

最初は、他の人の会話が全く聴き取れずに焦りました。

先生が私たちに向けてゆっくり分かりやすい単語を選んで話してくださる時は分かるのだけど、違う言語なんじゃないかと思えるくらい、単語も発音もスピードも…違い過ぎる!

 

ただ、英語圏に滞在する効果は絶大で次第に耳が慣れてきました。

なんやかんやと世間話もするし、そのおかげで会話力もつく。

レッスンのない付き添いでも自分のやり方、心がけ次第では英語力は伸びますよ!

 

●親子で行く英語教師宅ホームステイ、

 短期語学留学について詳しくお話するイベントを開催します!

 「親子で気軽に海外プチステイ&留学講座」

 


●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

6/2(日)9:30〜親子で気軽に海外プチステイ&留学講座

 

今年も練馬区教育委員会委託「子育て学習講座」の一環として、海外での親子短期ホームステイや語学留学を気軽に楽しむノウハウをお伝えする講座を開講いたします!

 

こんなご希望を持つ方におすすめです!

 

●親子でコンドミニアムやホームステイで一か所に滞在しながら、非日常生活を無理のない範囲で楽しみたい。

●子どもは現地の幼稚園やプリスクールに預け、自分はのんびりリフレッシュしたい。

●こどもは預かってもらい、親は語学を学びたい。

●親子で一緒に英語のレッスンを受けて共に学びたい。

 

15年間で2000人以上の海外ステイをご案内してきた、プロの留学カウンセラーを講師にお招きし、人生の可能性が広がる海外プチステイや短期留学を実現させる方法をお伝えします!

 

日時など詳しくは下記アドレスを参照ください。

みなさまのご参加をお待ちしております!

 

●親子で気軽に海外プチステイ&留学講座

https://tabiiku.org/company/event/2019-0602/

 


●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

実践!イギリス親子ホームステイ【その16・ホームステイの目的】

 

 

 

日本にいると、周りの人との会話、テレビ、ネット、街の標識も看板も、商品のラベルも何もかも全部日本語です。そこでどれだけ気張って英語を教えても、きっと子どものアタマには残らない。

もし外国語を学びたかったら、まずは軸となる母国語(日本語)の読み書き、聴き取りがしっかりできて、思考できる事が大切なんじゃないかと考えています。

 

そのうえで、外国語をマスターするには乱暴だけどいきなり日本語の通じない外国に放り出すのも有効だと思います。

「こっちが努力しなきゃ何も通じない」という危機感が先行して、初めて本気出すんじゃないでしょうか?

 

子ども達3人はそれぞれの危機感のもと、本気出して(?)がんばって先生の授業について行っていたようでそれはそれで良し、です。日本に帰ってきたときに「友達と日本語で話せて嬉しい」と長男は言っていました。

 

そう、日本語で意思疎通ができるありがたさに気付けるのも大事だよね!

 

 

●親子で行く英語教師宅ホームステイ、

 短期語学留学について詳しくお話するイベントを開催します!

 「親子で気軽に海外プチステイ&留学講座」

 

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/

実践!イギリス親子ホームステイ【その15・クリスマスのお菓子】

 

 

 

世界のクリスマスケーキについて調べたとき、イギリスの「クリスマスプディング」にはかなり興味を惹かれました。

「本格的なレシピ」になると、クリスマス後に次の年のプディングを仕込み、1年間冷暗所に放置して熟成させるというのですよ!作るのに1年かけるお菓子って初めてです。漬物やお酒じゃあるまいし。

 

その時の衝撃を、当のイギリス人にぶつけてみたところそれは昔の話で、今はもっと簡単に作られた物がスーパーで買えるとの事、そうか、そうですよね。日本のおせち料理も簡単に手軽になっていますから、同じ事ですね。

 

ドライフルーツやナッツがぎっしり詰まり濃厚、ブランデー染みわたる風味で、一切れ食べたら酔っ払います(笑)

お酒が強すぎて子ども達は一口で「もういい…」とフォークを置くし、確かにこりゃ子ども向けじゃないわと思ったので残りは私と夫で総ざらえ、かなり酔いましたとさ。

 

●親子で行く英語教師宅ホームステイ、

 短期語学留学について詳しくお話するイベントを開催します!

 「親子で気軽に海外プチステイ&留学講座」

●たびえもん〜夢をかなえる自由な旅づくり
http://tabiiku.org/

●たびえもん/Twitter
https://twitter.com/tabiemon1?ref_src=twsrc%5Etfw

●たびえもん/facebook
https://www.facebook.com/tabiiku/

●たびえもん/クックパッド
https://cookpad.com/